初心者の方向けの仮想通貨活用サイト

売買方法を知ろう!

販売所と取引所の違いとは?

仮想通貨の販売を担う企業を「販売所」と呼びます。
bitFlayerやZaifといった販売所が提示している価格で売買することになります。
販売所は大量の仮想通貨を保有していますから、買いそびれる心配はありません。
ただ、販売所に手数料を支払うため、小額の売買ではマイナスになってしまう恐れも。
一方取引所は「売り板」「買い板」に提示されている金額からユーザー同士で取引をするため仲介料が発生しません。
買いたい人と売りたい人の価格や数量など、双方の希望が一致すれば取引は成立です。
そのため、自分の希望価格に合わせた売買が可能ですし、手数料も安いのが魅力です。
しかし自分の希望額で売買してくれる人が現れなければ取引は成立しません。
確実かつ迅速に取引したい方には販売所、売買を安い手数料で楽しみたい方には取引所がおすすめです。
どちらも登録はホームページから無料で出来、説明に沿って入力するだけなのでとても簡単です。

仮想通貨の保管方法について

最初に自分のウォレットに保管する方法について見ていきましょう。
ウォレットとは財布のことですが、実際に財布を持ち歩くわけではありません。
ネット銀行をイメージしていただくと分かりやすいでしょう。
ウォレットに保管した仮想通貨は、投資には使えませんが、ATMから引き出して店舗決済に使うことが可能です。
リアル店舗で使える仮想通貨はまだ限られていますが、銀行が仮想通貨に介入することにより、今後店舗数は増加してくると思われます。
次に取引所に保管する方法です。
こちらに保管した仮想通貨は売買に使うことが出来ます。
取引所に口座を開設し、仮想通貨を購入すれば保管は取引所が行ってくれます。
しかし、第三者に仮想通貨を預けるわけですから、ハッキング等のリスクも伴います。


TOPへ戻る