仮想通貨の始め方を解説します

初心者の方向けの仮想通貨活用サイト

仮想通貨の説明から売買方法、そして注意点まで詳しくご紹介!

日本でも仮想通貨が活性化しています。 2018年中に三菱UFJ銀行がMUFJコインという仮想通貨の売買を予定しており、みずほ銀行、ゆうちょ銀行、地銀が共同で始めるJコインという名の仮想通貨も実証実験が開始されました。 しかし、そもそも仮想通貨とはどういうものなのでしょうか?

売買方法を知ろう!

仮想通貨は株券などと違い、今のところ金融機関の窓口に行っても買うことはできません。 では、仮想通貨はどこで購入できるのでしょうか? 仮想通貨を売買するには、まず「販売所」「取引所」と呼ばれるところに登録する必要があります。 登録や売買はすべてネット上で完了しますから、簡単でとても便利です。

「仮想通貨って何?」という方のために

日本では2017年に資金決済法、いわゆる仮想通貨法が成立しました。
それまでは仮想通貨というのは認知度が低く、「おもちゃのお金」ぐらいにしか捉えられていませんでした。
しかし、仮想通貨が浸透してくるにつれ、取引が活発になりトラブルが多発しました。
そのため、国がユーザーを保護し、テロ資金やマネーロンダリングに悪用されないようにするために、仮想通貨に関する法律を決めたのです。
この法律により、「資本金1千万円以上」「外国系の取引所の場合は、日本国内に代表者がいること」など、一定の条件を満たさないと、取引所として登録することが不可能になりました。
取引所にとってはハードルが高くなったわけですが、国が法律を施行するということは、それだけ仮想通貨が日本に浸透してきた証拠でもあります。
そして、仮想通貨の種類はどんどん増え続けています。
2018年3月末時点で、なんとその数は1594種類にも上ると言われています。
また、大儲けして億万長者になった人がいるという話もよく耳にします。
「私も後に続きたい!」と思っている方も多くいらっしゃるはず。
しかし、仮想通貨はハッキングされる恐れがあります。
巨額の資金が流出してしまった事件を覚えている方も多いことでしょう。
あなたの大切なお金を失わないように、安全に仮想通貨を始めるにはどうすればよいのでしょうか?
初心者の方のために、仮想通貨の歴史とその魅力、保管方法、注意点などについて詳しく見ていきましょう。

仮想通貨を売買する際の注意点とは?

仮想通貨は決済にも使えますが、株やFXと同じく投資のために保有しておくのがおすすめです。 他の投資に比べて値動きが激しいため、タイミングよく売れば巨額のもうけを得ることも夢ではありません。 反面、売買のタイミングを間違えたら、大損する可能性もあります。 売買の際の注意点をご紹介します。

TOPへ戻る